「ヨハクデザインさんは何系のデザインをするんですか?」

投稿日:

こんにちは。ヨハクデザインです。
今回はセルフ対談記事という画期的(?)な方法で、普段のデザインのお仕事についてお話します。

——————————————————

ヨハクデザインという名前はどうしてつけたんですか?

ヨハク
これまで10年ほど、デザイン制作会社の社員として、販促ツールやマス広告など、紙媒体中心にお仕事させてもらっていました。
ただ「デザインの仕事以外に、もっといろいろやってみたい!」という好奇心が強くなってしまい、会社の中でうまくいかなくなり、独立することになったんです。
自分の中の『余白』を大切にしよう、という思いから『ヨハクデザイン』という名前にしました。
のびしろ、まだまだありますよ!

どんなデザインが得意ですか?

ヨハク
商品のいいところを探して、購買者であるお客さんに伝える「店頭POP」などのいわゆる販促ツールや、情報を整理してわかりやすく伝えるポスターやフライヤーなどが得意です。
媒体も普通の紙だけでなく、たとえばPOPならスイングPOPやシールなど、訴求する商品やターゲット、売り場に応じて効果的な素材や形から提案します。
企画から関わることも多いので、情報をまとめて企画書から作ることもあります。
その商品のいいところを、ヒアリングして引き出して、きちんとパッケージングして買い手に伝えること。
商業デザイナーって、アーティストではなく、必ずお客さん(クライアント)があります。
お客さん自身が気づいていないいいところを、デザインという道具を使ってカタチにしてあげること。
代わりにコトバにしてあげること。
それが仕事だと思っています。

どんなテイストのデザインが得意ですか?

ヨハク
もちろん商品次第ですが、女性をターゲットにした、明るく、女性的で可愛らしいもの、ナチュラルで優しいテイストが個人的には好きです。
全体的にすっきりした印象のものが好きなんだと思います。
オーガニック、エコ、ナチュラルなものを手がけることも多いです。

どんな感じで仕事を進めてるんですか?

ヨハク
まずはお客さんから、現状の問題点について相談を受けます。

「今度こんなワークショップやるんだけど、若い女性に来てもらいたいんだよね」
「そろそろチラシをリニューアルしたいんだけど」
「個人で活動したいと思ってるんだけど」

具体的な問題点・解決策が見えている方から、まだ全てがふわっとしてるまで。依頼を受ける形は様々です。

そこからまずは、集客なのか認知なのか、ターゲットの性別や年代、ライフスタイルや予算などを相談しながら、作るものの方向性を決めていきます。

例えばロゴデザインを決めるのに、名称しか決まっていない、という場合は、イメージできるワードを出してもらいながらこちらでストーリーを膨らませ、何案か手描きで提案。

その中から「コレ!」というイメージのものがあれば、メールでやりとりしながらブラッシュアップ、
最終的な納品形式まで作成してデータ納品、という流れになります。

通常はメールでのやりとりになりますが、直接会って打ち合わせがしたい!というお話があれば、もちろん伺ってヒアリングすることも可能です。
(別途料金をいただいています)

——————————————————

この記事は独立した3年前に、この方のブログを参考に書かせていただいた記事を少しリライトしたものです。

外向きの発信方法をたくさん参考にさせてもらっていて、いつか会いたいと思ってたんだけど、今では多拠点暮らし仲間として、ときどきごはんをご一緒したり、とても仲良くしてもらってるなりおさん

頭がよくて、なのにふんわり優しい雰囲気を持ってて、どこか飄々としていて、相変わらず憧れるところばかりです^^